体の疲れを取る

51歳 私が体が疲れていると感じる時

営業と自社商品のメンテナンスを仕事としているのですが、1日中外回りで機械のメンテナンス等をしていることが多いです。

 

忙しい時には、移動の車のなかで食事をとったりといった感じになることも多いのですが、仕事中は気が張っているのか疲れを感じたりはしないのですが、1日の仕事が終わって家に帰るころから疲れが全身を覆ってきます。

 

急に重力がきつくなってしまったかのように感じで空いている座席があればすぐに座り込んでしまいます、昔は電車に乗っても座ることなどなかったのですが。

 

そして、なんとか家にたどり着いても食欲もなく、食事や入浴さえもめんどくさく感じるようになりました。

 

そして、疲れたと思いながら身体を横にして眠りにつこうとすると、若い頃のようにバタンキューではなく、なかなか眠れなかったり、眠れてもすぐに目が覚めてしまったりします。

 

当然、次の日の朝、目が覚めても爽快感などからはほど遠い感じになってしまいます

私が実践する体の疲れを取る方法

若いころは睡眠やちょっと横になる、少しゆっくり過ごすといったことで、身体の疲れがとれて、疲れを持ち越していくことはなかったように思います。

 

そして、ちょっと疲れが溜まったなと言う時でも、例えば栄養ドリンクやサプリなどを摂取するだけでも、なんだか身体に力がみなぎってくるような感じでした。

 

それら摂取したものが本当に効いていたのかどうかもわかりませんが、とにかく効いた気分になって本当に身体までもが元気に感じれたものでした。

 

つまり、適度な急速や気分転換そして少しの手助け等があればすぐに元気を取り戻せて、そしてそれが持続していたように思えます。

 

当然、朝、目が覚めた時に疲れを感じたり、休日明けの週明けに身体がだるくて重いといったようなことはなかったように思えます。

 

このように、身体に元気がある間は、本来身体自身が持っている回復力をちょっと発揮させたりするだけで元気になるのですが、そもそも身体に元気が足りない場合は、それだけでは元気を取り戻すことができないような気がします。

イミダペプチドドリンクは疲れが取れる?

今までの栄養ドリンクやサプリメントは、若いころはそれを飲んだだけでも元気になったような気がするのですが、今は、飲んでもほんの一瞬だけ元気になったような気がするにとどまっているような気がします。

 

いわば、痛み止めの頓服や一時的に元気にする点滴のようなもののような気がします。

 

「イミダペプチド」は、それに比べると、身体に元気の素を作ってくれる若しくは元気な身体に変えてくれるような感じがしてきます。

 

それが、元気が長続きする理由だと思います。
商品のうたい文句ではないですが、渡り鳥のようにずっと飛び続けていられるのではないかと自分で思えてくるような感じになります。

 

説明を見ても納得したのですが、栄養を足してあげるというよな感じではなく、やはり身体の素をつくる成分だったのです。

 

そして、ドリンク状になっていて飲みやすいのでいつでも飲めますし、持ち運びしやすい形状なので鞄等に忍ばせておくとどこでも飲むことができます。

 

値段もコーヒー一杯を飲むより安いぐらいの値段ですから、無理なく続けられるのがいい点だと思っています。

 

イミダペプチドドリンクを買う前に、口コミチェックがオススメです。

 

その場合、私が見た中で良かったサイトは、下記です。

 

>>イミダペプチドドリンクの口コミはコチラ